【今夜放送】M-1グランプリ2016。接戦を制した「銀シャリ」が3503組の頂点に!

M-1グランプリ2016公式サイトより

つい先ほど放送が終わった、M-1グランプリ2016についてまとめてみたいと思います。結果について先にお伝えしますと、3,503組の頂点に立ったのは「銀シャリ」でした。

M-1グランプリ2015では、あと一歩頂点に届きませんでしたが、その悔しさを、今回晴らすことができたのは本人たちも見ている側も感無量だったのではないでしょうか。

M-1グランプリ2016
2016年12月4日(日) ABC、テレビ朝日系列

  • 敗者復活戦 14:30〜
  • 決勝戦 18:30〜

それでは今年のM-1グランプリの見所を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

M-1グランプリとは

M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 [DVD]

賞金1,000万円をかけ、結成10年以内を出場条件にプロ・アマ・事務所を問わずに日本一の若手漫才師を決めるという「M-1グランプリ」。全国各地で予選が行われ、決勝戦に関してはテレビで全国生放送という、過去に類を見ないお笑いのビッグイベント!!

Amazon.co.jpより

昨年2015年に復活してからは、出場資格を変更。「プロ・アマ・所属事務所を問わず2人以上で、結成が2000年1月1日以降であり15年以内のコンビ」という基準に達していれば出場できるようになっています。

決勝に進出したのは、この8組!

今年のエントリー総数は、3,503組で、2015の3,472組よりも、若干微増といったところ。

M-1グランプリ2016公式サイトより

決勝へと進出した8組は、

  1. アキナ
    結成:2012年
    所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  2. カミナリ
    結成:2011年
    所属:グレープカンパニー
  3. 相席スタート
    結成:2013年
    所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  4. 銀シャリ
    結成:2005年
    所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  5. スリムクラブ
    結成:2005年
    所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  6. ハライチ
    結成:2005年
    所属:ワタナベエンターテインメント
  7. スーパーマラドーナ
    結成:2003年
    所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  8. さらば青春の光
    結成:2008年
    所属:ザ・森東

という顔ぶれ。今年のよく見た顔が並んでいましたね。

個人的に、昨年悔しい思いをした2組に注目していました。銀シャリとハライチです。昨年2位で頂点に届きそうで届かなかった銀シャリと昨年最下位に甘んじたハライチも雪辱の機会をうかがっていたと思いますので、どのような結末を迎えるのか期待がありました。

あとかなり超個人的ですが「さらば青春の光」にも注目していました。

彼らが、この舞台に上がってきたのは、非常に感慨深い思いがあります。前事務所に所属していた際、何度か舞台を見にいったことがありましたので、そのときから気になる存在でした。

さらばは、最終決戦への進出はなりませんでしたが、爪痕を残してくれたと思っています。

敗者復活戦

敗者復活戦の会場「六本木ヒルズアリーナ」。

決勝進出の最後のイスを争う敗者復活戦に出場したのは以下の20組。アルコ&ピースと南海キャンディーズが欠場のため、18組で競い合うことになりました。

  1. アインシュタイン
  2. 霜降り明星
  3. 東京ダイナマイト
  4. ゆにばーす
  5. 大自然
  6. Aマッソ
  7. アルコ&ピース(欠場)
  8. とろサーモン
  9. 錦鯉
  10. 三四郎
  11. ジャルジャル
  12. 南海キャンディーズ(欠場)
  13. かまいたち
  14. ミキ
  15. メイプル超合金
  16. 学天即
  17. マヂカルラブリー
  18. インディアンス
  19. ニューヨーク
  20. 和牛

司会の陣内智則さんも「どの組が来てもおかしくないくらいウケてましたんで、期待できるんじゃないですか」と言ってましたが、例年敗者復活枠で決勝入りした組は勢いがあって、良いパフォーマンスを見せてくれますよね。昨年の覇者トレンディエンジェルも敗者復活戦からの日本一でした。

今年の敗者復活枠は、17万5,482票で「和牛」に決定!!
なんと2位のミキとは、3万8,164票差!

昨年、最終決戦で失速したジャルジャルも、敗者復活にかけていたと思いますが、及びませんでしたね。2位のミキも悔しそうでしたが、素直に和牛を送り出すその気持ちが清々しかったですね。

敗者復活では、かまいたちを応援していたのですが致し方なしですね。

今年の審査員には、松本人志が復帰!

今年の審査員の顔ぶれは、このような感じでした。

https://twitter.com/M1GRANDPRIX/status/805139573382598656

2015の審査員は、歴代のM-1チャンピオンたちが務めていましたが、今年は従来型のお笑い界の権威を中心に、博多大吉さんや中川家・礼二さんなど、バランスよく世代を取り混ぜた陣容になりましたね。

そこに加えてダウンタウンの松本人志さん。審査員復帰は6年ぶり。2010まで審査員をしていた、松ちゃんの復帰が審査にどのような影響を及ぼすのか目が離せないな、と思っていましたが、今年一番危険だったのは上沼恵美子さん(笑)

審査員席からでも、ガンガン笑いを取っていくスタイルで、かなり会場も温まっていたのではないかと思いますが、波のある採点には度肝を抜かされたり。

その分、博多大吉さんの蝋人形のような緊張しきった顔が引き立っていましたね。

感想

さて、M-1グランプリ2016の結果はと言いますと、

決勝結果

  1. 銀シャリ
    470点
    オール巨人:96
    中川家・礼二:91
    博多大吉:93
    松本人志:95
    上沼恵美子:95
  2. 和牛(敗者復活枠)
    469点
    オール巨人:95
    中川家・礼二:95
    博多大吉:91
    松本人志:93
    上沼恵美子:95
  3. スーパーマラドーナ
    459点
    オール巨人:90
    中川家・礼二:95
    博多大吉:92
    松本人志:89
    上沼恵美子:93
  4. さらば青春の光
    448点
    オール巨人:87
    中川家・礼二:90
    博多大吉:90
    松本人志:90
    上沼恵美子:91
  5. アキナ
    446点
    オール巨人:92
    中川家・礼二:89
    博多大吉:89
    松本人志:87
    上沼恵美子:89
  6. ハライチ
    446点
    オール巨人:91
    中川家・礼二:88
    博多大吉:89
    松本人志:85
    上沼恵美子:93
  7. カミナリ
    441点
    オール巨人:91
    中川家・礼二:90
    博多大吉:90
    松本人志:89
    上沼恵美子:81
  8. スリムクラブ
    441点
    オール巨人:85
    中川家・礼二:89
    博多大吉:88
    松本人志:90
    上沼恵美子:89
  9. 相席スタート
    436点
    オール巨人:87
    中川家・礼二:88
    博多大吉:87
    松本人志:84
    上沼恵美子:90

最終決戦へと進んだのは、

  • 銀シャリ
  • スーパーマラドーナ
  • 和牛(敗者復活枠)

の3組。こう見てみると、これには多くの方も納得だったのではないでしょうか。

個人的に残念だったのは、「カミナリ」と「さらば青春の光」の2組。

カミナリは訛りが生み出す独特の雰囲気と短歌を扱ったネタも好みでした。上沼さんの点数だけが悔やまれます。カメラに抜かれた時、めっちゃ笑ってたと思うんですけどね。

さらばはコントのイメージを持っている方も多いと思いますが、漫才でも力を発揮してくれましたね。もう少し浸透してさえいれば結果も違ったかなと思います。次年度に期待したいですね。

最終決戦結果

そして、最終決戦。

スーパーマラドーナ、和牛、銀シャリの順番でしたが、トップバッターのスーパーマラドーナの好パフォーマンスによって、後の2組にかなりプレッシャーがかかったのではないでしょうか。それほどテンポ良く、細かな笑いを入れていくスタイルが際立っていましたね。明らかに2本目の方がよかったです。

和牛と銀シャリは安定のクオリティという感じでしたね。安心して笑えるという質の高さ。すごいですよね。

松ちゃんのコメントですが、「2:2:1」みたいな結果もありうるのでは、と。オール巨人さんんも3組とも好きだし困るね、とのことでしたね。

そんなわけで最終決戦の審査結果はというと、

  • オール巨人:銀シャリ
  • 中川家・礼二:スーパーマラドーナ
  • 博多大吉:銀シャリ
  • 松本人志:和牛
  • 上沼恵美子:銀シャリ

点数と合わせて見てみると、松ちゃんを除く審査員が最高得点をつけた組に入れる、というわかりやすい結果ではありましたが、勝ちきった「銀シャリ」に心からおめでとうと言いたいですね!

エントリー総数3,503組の12代目王者は「銀シャリ」でした!!!

銀シャリの鰻さんの発表後のコメントが感慨深かったですね。

「33歳なんですけど、ずっと漫才のことを考え続けてきて、いい人生でした」

今ちゃんには、死ぬなよ、これからやんか、とすぐに突っ込まれてましたが(笑)

今年の笑い納めにはまだ早いですが、ずいぶん笑わせてもらったなと。

今から来年が楽しみですね!

これまでのM-1を見返したくなったらDVDで。

今すぐ見たい!という方は、Amazonプライムビデオで見放題!

img-161204-002

スポンサーリンク
スポンサーリンク