【2016年版】年末年始のニコニコアニメスペシャルで観ておきたい3作品

スポンサーリンク
年末年始のニコニコアニメスペシャルで観ておきたい3作品 アニメ

冬季休暇仕様の脳みそに徐々に切り替わりつつある今日この頃。

大掃除と煩悩の処理に精を出しつつ、2015年のアニメ作品を振り返ってみるのもいいかもしれません。オンタイムでは見逃してしまったけど、機会があればぜひ観たいです!という方々に朗報です。

ニコニコアニメスペシャルで観ることができるんです。一挙放送なので、見始めたら最後、デバイスの前から離れられなくなってしまいますので、マラソンよろしく、補給物資を蓄えて鑑賞に臨んでくださいね。

あんまり濃いのは置いといて、この機会に観て欲しい、おすすめの3作品を紹介します。

血界戦線

nnas01

(http://kekkaisensen.com/より)

かつて紐育(ニューヨーク)と呼ばれた街はたった一晩で消失した――
一夜にして構築された霧烟る都市『ヘルサレムズ・ロット』
空想上の産物として描かれていた「異世界」を現実に繋げている街。
その全貌は、未だ人知の及ばぬ向こう側であり霧の深淵を見る事は叶わない。
人では起こしえない奇跡を実現するこの地は今後千年の世界の覇権を握る場所とも例えられ、
様々な思惑を持つ者達が跳梁(ちょうりょう)跋扈(ばっこ)する街となる。
そんな世界の均衡を保つ為に暗躍する組織があった。
その名は「秘密結社・ライブラ」
少年・レオは、ふとしたきっかけからライブラの一員となるのだが…

(amazon.co.jpより抜粋)

  • ニコニコアニメスペシャル「血界戦線」全12話 一挙放送
  • 放送予定:12月27日(日)18:00〜

トライガンで一躍人気作家の仲間入りを果たした、内藤泰弘さんの漫画「血界戦線」が原作。オープニング・エンディングともにアニメーションの質が高いことも手伝って、入りと引きがずば抜けて心地よいアニメに仕上がっています。僕自身は、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」に合わせて、登場人物たちが個性豊かに踊ってくれるエンディングを特に気に入ってます。

なんでそんなにエンディングに思い入れを持てるかというと、劇中のキャラクターが活力に溢れ、魅力的であるから、と言えるからでしょうか。懐かしの、と書くと語弊があるのですが、僕的に、声優のキャスティングがなかなかど真ん中で、演技も、すんなり受け入れられるものだったというのが大きいかもしれません。

内藤さんの漫画も面白いですが、絵柄の癖がなくなり、キレイな線に仕上がっているので、漫画から入るよりも入りやすいかもしれませんね。アニメ→漫画というのも十分ありです。

非常に、おすすめの作品ですよ。

Charlotte(シャーロット)

nnas02

(http://charlotte-anime.jp/より)

思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力。
人知れず能力を駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇。
そんな彼の前に突如現れる少女、友利奈緒。
彼女との出会いにより、暴かれる特殊能力者の宿命。
それは麻枝 准が描く、青春を駆け巡る能力者たちの物語――。

TVアニメ『Angel Beats!』放送開始から5年。
麻枝 准が原作・脚本を手掛ける完全新作オリジナルアニメーション。

(amazon.co.jpより抜粋)

  • ニコニコアニメスペシャル「Charlotte(シャーロット)」全13話 一挙放送
  • 放送予定:1月1日(金)19:00〜

今期オンタイムで観ていて、一番楽しかった作品かもしれません。

作品自体の評価というより、期間限定イベントに参加したような、そんな祭ごととしての好意的な評価でしょうか。毎回、散りばめられた伏線から、今後の展開を予想しつつ、各ニュースサイトやSNSなどをウォッチして、情報を仕入れていた、という点では、その巻き込み力はハンパないものだったのではないかと思います。

最終的には、色々とやらかした感が強く、残念な印象に変わってしまいましたが、時間が経った今では、とっちらかってしまったことも含めて、愛せる作品になりました。

2クールだったら、なんとかなっただろ、と思えて仕方がないのも愛嬌でしょうか。

コミカライズ版が1巻出てますが、こっちも絵がキレイで手に取りやすいのでおすすめですよ。

Angel Beats!(エンジェルビーツ)

nnas03

(http://www.angelbeats.jp/より)

舞台は死後の世界
運命に立ち向かう少年少女たちの物語

なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。

そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐なひとりの少女だった。生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。

彼は、ゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。

「AIR」「CLANNAD」「リトルバスターズ!」など大ヒット作の
企画・脚本・音楽を務めた麻枝准によるオリジナルアニメーション!
「泣きゲー」ライターとして不動の地位を築いた麻枝准が初のアニメメーション脚本に本格参戦!!

(amazon.co.jpより抜粋)

  • ニコニコアニメスペシャル「Angel Beats!」全13話 一挙放送
  • 放送予定:1月2日(日)19:00〜

本作のみ、2015年作品ではありません。

麻枝准さんによる初アニメーション作品であり、前項で紹介したシャーロットは、この作品に寄せられた賛否両論をバネに生み出されたという経緯があります。

僕自身が、賛否両論のどちらなのか、ということについては明言しませんが、これもシャーロットと同じく、なんとかなったんじゃないか、という思いが頭の中を駆け巡ってしゃあない作品だと思います。

この思いは、時間が経ち、ある程度整理できてくると、余計に感じてしまうのですが・・・視聴者にひっかかりを残す、放送終了後も話題になる作品をつくる、という点で結果を残せているのは、すごいことだなと心から思います。

次々回作(シャーロットの次の作品)では、ぜひ作品の完成度でガチンコ勝負して欲しいと思います。


以上、2+1で3作品でした。今後は漫画だけでなく、アニメ作品の紹介もじわじわ増やしていきたいと思います。