「さよなら私のクラマー」第1巻の感想と見所。新川直司らしい情緒豊かな高校女子サッカー漫画。

さよなら私のクラマー

「さよなら私のクラマー」第1巻の感想と見所について紹介します。試し読み・あらすじ・登場キャラクター・収録エピソードの紹介までまとめています。

(※上記画像は、月刊少年マガジンサイトより)

作品紹介

まずは、「さよなら私のクラマー」ってどんな漫画?という方に向けて、簡単に作品を紹介します。

さよなら私のクラマー/新川直司

月マガ ウェブサイトより(主人公:周防すみれ)

中学時代輝くことなく終わったウイング、周防(すおう)すみれは、ライバルである曽志崎緑(そしざき・みどり)から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは……。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!

Amazon.co.jpより

さよなら私のクラマーは、高校女子サッカーを舞台にしており、次代の女子日本代表を担う若者たちの才能がきらめく様を描いた漫画とも言えます。

中学時代、チームメイトと良好な関係を築くことが出来ず、実力を出し切れなかった主人公周防すみれ、主人公周防のライバルとして目の前に立ちはだかりながらも、周防の実力を誰よりも認め、ともにプレーしたいと願っていた曽志崎 緑。周防と環境は違えども、同じく中学時代その才能を十分に発揮させられなかった恩田 希。

そんな三人が進学したのは、弱小校の蕨青南(愛称:ワラビーズ)。

やる気を失った監督に愛想を尽かした3年生が去った新チームで3人は出会う。

伸び盛りの才能が出会い、惹かれあい、互いの輝きを磨き合う、そんな瑞々しいフットボールライフが新川直司の手によって今始まる。

登場キャラクター

主要キャラクターを中心に紹介。

蕨青南高校

ワラビーズという愛称で呼ばれる。位置づけ的には弱小校。

  • 主人公:周防すみれ(1年)
    ポジション:ウイング(左)
    曽志崎の中学に悉く破れ、中学時代は万年予選敗退の憂き目にあっていた。俊敏性に優れ、スピードに乗った縦に抜けるドリブル突破と体勢を崩されても即座に立て直すフィジカルが魅力。
  • 曽志崎 緑(1年)
    ポジション:ボランチ
    中学時代、全国3位のプレイヤー。中盤を牽引するハードワークと長短のパスでリズムを作れる実力者。同県強豪校(浦和邦成)から誘われていたが、周防とのサッカーを選び、蕨青南に進学した。
  • 恩田 希(1年)※さよならフットボールの主人公
    ポジション:トップ下(たぶん二列目より上ならどこでもいけるかも?)
    中学では女子サッカー部がなかったため、男子サッカー部に所属していた。公式戦の出場記録もないため、女子サッカー界では無名の存在。男子相手にも引けを取らない足下の技術を持つ。ドリブル・シュートともに高水準の能力を保持するが、一番の持ち味は玉離れの良さとバリエーション豊富なパスである。周りを活かし、自分も活きるプレースタイルでチームの勝利をめざす。周防、曽志崎とは高校で出会った。

この3人がどのように成長を遂げ、女子日本サッカーの未来を変えていくのか。それぞれにキャラが立っており興味は尽きないですね。

収録話数について

さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)

第1巻は、3話収録。

  • 第1話「ひとりぼっち」カラー+69ページ
  • 第2話「インパクト」63ページ
  • 第3話「雪の中の少女」60ページ

計192ページ。

 

ちなみに、2016年1月17日発売の第2巻の感想はこちらから。

 

各話の内容と見所について

簡単ではありますが、各話の内容について紹介していきます。

第1話「ひとりぼっち」

月刊少年マガジン2016年6月号より/さよなら私のクラマー第1話

月刊少年マガジン2016年6月号より/さよなら私のクラマー第1話

中学時代、突出した才能を持ちながらも、チームメイトと良好な関係を築くことが出来ずに万年地区予選敗退という結果に甘んじた、周防すみれ。

周防を阻んだのは、同地区のライバルであり、周防にとっての目の上のたんこぶ曽志崎 緑。全国区の選手である曽志崎は、度重なる対戦を通じて周防の豊かな才能を評価していたが、あまりに周防が活かされないチームの状況をひとり歯がゆく思っていた。。

そんな二人が進学した蕨青南高校では、さらなる出会いが待ち受けていた。

 

↓第1話のあらすじ見所・登場人物詳細についてはこちら

第2話「インパクト」

月刊少年マガジン2016年7月号より/さよなら私のクラマー第1話

月刊少年マガジン2016年7月号より/さよなら私のクラマー第2話

運命の出会いを果たした三人を待ち受けていたのは、強豪校との練習試合だった。

春・夏連覇の強豪 久乃木学園高校との練習試合で、周防や曽志崎、恩田はどのようなプレーを見せるのか。蕨青南と同じく1・2年生中心のチームであるが、アンダー世代の女子日本代表選手も所属しており、現状を推し量るのには最高の相手である。

早々に周防の突破からチャンスをつくるが・・・。

 

↓第2話のあらすじ見所・登場人物詳細についてはこちら

第3話「雪の中の少女」

月刊少年マガジン2016年8月号より

月刊少年マガジン2016年8月号より/さよなら私のクラマー第3話

日本一のチームとして真価を発揮する久乃木学園。佃・井藤・梶といったアンダー世代の女子日本代表選手たちの活躍により、徐々に点差が開いていく中、恩田の目には強い光が宿りつつあった。。さよならフットボールの主人公 恩田 希の真価がいま問われる。

さよフトファン必見のエピソード満載ですよ!

 

↓第3話のあらすじ見所・登場人物詳細についてはこちら

まとめ

あれやこれや考えていたけど、読んでみると非常にまとまりの良い一冊になった印象です!これは買いの一冊かと思いますので、ぜひ気になっている方はポチってみてくださいね。

四月は君の嘘 codaも同時発売となっておりますのでお忘れなく!(笑)

それでは、第1巻発売&第5話の記事でまたお会いしましょう。

 

ちなみに、第2巻の感想はこちらからどうぞ。

 

第1巻をさらに楽しみたい!という方には「さよならフットボール」をおすすめしたいと思います。さよなら私のクラマー第1巻の表紙の女の子が主人公の漫画です。

さよなら私のクラマー 第1巻

さよなら私のクラマー 第1巻
8.9

ストーリー・展開

8.5 /10

演出

8.9 /10

キャラクター

9.0 /10

引き

9.3 /10

制作サイドの気概

8.8 /10

加点の理由

  • さよフトファン大満足間違い無し!
  • 2巻が待ちきれない、素晴らしい引き。
  • 新川直司の持ち味たっぷり!

減点の理由

  • 特になし。